壊れたバスケゴールを修繕


息子が遊ぶ(自分も遊ぶ)、室内用のバスケゴールを修理しました。

これが元の姿。見るも無残に割れております(ダンクしすぎ…)。割れたプラスチックのボードだけを交換して、他のパーツは再利用します。

ボードの代わりには、シナベニヤ合板をホームセンターで買って使います。ゴールの枠の部分を黒く塗るために、マスキングテープで不要な所を隠し、スプレーで塗装します。(壊した本人が自分で塗っています。)

完成。木の棚に似合う感じで、元のより良くなったんやない?と作った親子で喜びました。

板の厚さも厚めのモノを選び、強くしたので、今度はダンクしても安心?かなと思います。



ここからはおまけの別件。バスケゴールの塗装ついでにローテーブルの脚も塗り替えました。

マスキングして、スプレーしたら、

シルバーの脚が黒くなりました。子供がちょっとした作業をしたり、オヤツを食べたりするのに使っています。

© 2016- DIY-Tonest.com