© 2016- DIY-Tonest.com

AC COVER (エアコン室外機カバー)


むき出しだと見栄えがイマイチなエアコンの室外機に、カバーを作成します。

1枚目の写真は以前の自宅用の写真。友人宅2軒向けに依頼を受けたもので、作り方を振り返ります。


■主な材料

・杉板:90mm×12mm×(長さ):横に通る板

・ホワイトウッド:60mm×27mm×(長さ):柱

・パイン集成材:厚さ18mm:天板

・フロア釘(頭が目立ちにくい)

・アングル、固定ネジ

・水性塗料<屋外用/水性>


【デザインスケッチ】

 まずは、設置場所の寸法を測って、依頼主の要望を聞いて、スケッチを描きます。

カバーの背面に、プランターなどを引っ掛けられる壁を作ります。エアコンの配管は変形しにくいので、配管を通すところは予めよけておきます。

【設計】

●依頼主にオーケーをもらったら…細かい部分まで寸法を決めます。

 今回は同時に2件の依頼だったので、材料の寸法や数を間違えないように、3D-CADで製図しました。

【材料購入】

●どの材料を何枚買わないといけないか、木取りを考えた上で、ホームセンターで木材を買います。

●直線のカットは全てホームセンターでやってもらう(1カット20円)と、作業が早く進みます。

【罫書き、組立】

 どの位置で、組み立てるのかを鉛筆で下書きして、木工ボンドと釘で固定していきます。釘は頭が目立ちにくいフロア釘を使いました。

(釘打ちなど音がする作業は、ホームセンターの加工室で作業しました。)

 【塗装】

●組み立てが済んだら、塗料で塗装。依頼主と一緒にやりました。

(子供も巻き込む)

【完成】